スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいさなあなたへ

3年前に娘を出産した直後に、友人がプレゼントしてくれた本です。



母であり、子供であることの全てがギュっと凝縮された1冊なのですが、自然と自分や母に置き換えてしまい、涙なしではとても読めません。

最初は産後直後で情緒不安定だからか?とも思いましたが、何度読んでも泣いてしまうので、母親になって、特に娘がいる人にはグッとくる1冊のようです。



泣いてしまうので、しばらく絵本棚の奥にしまっていたのですが、昨日娘が見つけて持ってきて「これ読んで」というので、読んであげたところ、やはりきました。2ページ目から。

泣きながら読む私を見て、娘は「泣いちゃったの?」ととっても心配そうな顔をしてハグしてくれました。そりゃビックリするよね。ごめんね。

でもきっといつかあなたもこれを読んで泣いちゃう日が来るんだよ~、なんて想像したらまた涙が溢れちゃいます・・・

本当に素敵な本なので、子供の有無、性別関わらずオススメの1冊です。



英語版も読みたい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Karikarika

Author:Karikarika

2011/2/19以前の記事は
こちら

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleShoppingsidetitle


>




Farfetch.com (ファーフェッチ)


ELLE SHOP


ZOZOポイント買取サービス


ロコンド 日本最大級の靴とファッションの通販サイト



PLST 公式通販サイト







「最安値保証」排卵・妊娠検査薬はbaby832.com


sidetitleTravel and Funsidetitle






JAL 日本航空 特便割引



sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。